結婚相談所「結婚相談所むすび」50代前半女性の婚活エピソード

弊社独自の自己変容プログラムを受講される前は、生きづらさを感じ、パートナーに依存する日々を送っていたHさん。今では、「一人でも二人でも毎日が楽しい!」とおっしゃる笑顔がとっても素敵です。自分の内面と向き合ったからこそ、自分が自分らしくいられる素敵なお相手とめぐり会われました。

結婚相談所むすび 代表宇野

結婚相談所に入会したきっかけを教えてください。

私はバツイチで子どももいます。子どもはもう大きくなって独立しているので、これからの人生にパートナーがいたらいいなと思い、軽い気持ちで入会しました。

カウンセラーとの思い出のエピソードなどはありますか?

プロフィール写真の撮影です。ヘアメイクをしてもらって自分のために写真を撮るのは結婚式以来で、新鮮な体験でした。同行してくれたカウンセラーが「きれい!」「すてき!」とたくさん言ってくれて、とっても幸せな気分になりました。
写真を選ぶときにも、「自分の隣にどんなパートナーがいるとうれしい?」というカウンセラーからの問いかけでイメージがふくらみ、楽しく写真を選ぶことができました。

 

カウンセラーとの思い出のエピソードなどはありますか?

真剣交際がトントン拍子で決まることになったときのことです。急にいろんなことでいっぱいいっぱいになってしまい、山田さんにとことん話しをきいてもらったことがあります。

気がついたら3時間以上も話していて、最終電車の時間ぎりぎりでした。毎月のカウンセリングで、山田さんとはよく話して相談していたのですが、このときのことは忘れられません。

 

お相手様との印象や思い出深いエピソードを教えてください。

初めてお会いしたときは、写真よりも柔らかい印象を受けました。笑った顔がかわいかったのも印象に残っています。会話にネガティブな内容がなく、嫌な感情が一切なかったので、仮交際に進みました。

一緒にいてすごく居心地がよく、会うたびによい人だなぁと感じていました。どきどきするような恋愛感情はありませんでしたが、その分冷静に彼のことを見ることができました。

本交際に進んでからは、ずっと前から交際しているような、老夫婦のような穏やかな時間を二人で過ごしていました。
彼はよい人だけど好きかどうかわからない、と感じたことがありました。

その時私は、自分の感情を全部出してみようと思い、次のデートで思ったことを全て彼に伝えてみました。彼の素敵なしぐさや好きだなと感じた行動を言葉にして、たくさん彼に伝えてみたら、自分はやっぱりこの人のことが好きなんだ、と自分の気持ちに気がつきました。彼はきょとんとしながらも、うれしそうに「ありがとう」と言ってくれました。

 

結婚相談所で活動されている方・入会を検討されている方へメッセージ

婚活は本当に楽しかったです。断られてへこむこともあるかもしれませんが、私自身はとにかく「楽しもう!」という思いで活動していたら、楽しいまま成婚退会することができました。仮交際で複数の人と交際して、お相手の反応を比べてみるようなことも、婚活中にしかできません。みなさんぜひ婚活を楽しんでください!