結婚相談所で婚活「一日も早く結婚するには・・・」成婚のコツ。

「相手を早く決めて安心したい・・・」婚活中の人は、程度の差こそあれ誰もがそう考えているでしょう。特に「出産」にタイムリミットがある女性の場合は、いっそうその思いが強いようです。

でも「と言って私からアプローチしたくないし・・・」「焦っているなんて思われたくない!」そういう気持ちも無理からぬことです。

「どうやったら、自分からアプローチしなくても好きになってくれるのか知りたい」。そして「婚活を早く終わらせる方法を知りたい」。

そんな切実なご相談を、私たちは頻繁に受けています。
私自身も3年の婚活歴があります。結婚相談所のカウンセラー歴は9年を超えています。

その経験からお答えします。
このブログは「婚活が上手く行っていなくて、早く成婚したい」と悩んでいる女性向けの記事です。

ぜひ参考にしてください。

 

1.何もしないでは難しい

現実問題として「何もしない」では、男性の気持ちは動きません。

いわゆる「モテる女性」や「おしとやかなタイプの女性」に多いのですが、常に「男性が〇〇をしてくれて当たり前」とか「男性にひたすらリードして欲しい」と考えるなど、単なる「待ちの状態」ではなかなかご縁はつかめないといって良いでしょう。

基本的に、婚活男性は真面目で「自分に自信がない」ということが多いです。

そのため、打たれ弱く「フラれる」ことを極端に恐れています。ですから「100%、女性が自分に好意がある」という確信が持てなければ、なかなか次の行動に移りません。

このような男性心理から「待ちの状態で好きになってもらう」のは、かなり難しいということが分かります。

といって、女性は難しいことをする必要はありません。ただ「笑顔」で「ありがとう」といってあげるだけで、かなり男性は有頂天になります。
ぜひ、使ってみて下さいね。

 

2.最低限の努力は必要

あなたが審査員になってお相手の粗探しをしているように、お相手も同じようにあなたの粗探しをしています。これは変えようのない事実なので、少なくとも「自分自身を磨く努力」は必要かなと思います。

服装やメイクなどを変えて、何も女子力を上げようというわけではありません。ちょっとした「意識の変化」を心がけてみましょう。
とはいっても、粗が見えてしまうのは仕方がありません。特に女性は「結婚」が見えていると慎重になるものです。

だからこそ意識的に「お相手の良いところを探す」努力も必要なのです。

デートのたびに、一つで良いので男性の良いところを見つけてみましょう。いくら好意的に見ても「やっぱり何も無い・・・」と思ったら、それは即、次の出会いを探すことをオススメします。

 

3.婚活を早く終わらせる方法

3-1.選択肢を増やす

けっして「妥協」するのではなく、まずは「選択肢」を増やしましょう。条件を一覧にしてみて、本当に自分にとって必要な条件なのかを考えてみましょう。

例えば、学歴の「大卒以上」を条件から外すだけで、かなり選択肢が増えます。視野を広げることで、今まで気づかなかった男性像が見えて来ます。

 

3-2.なるべく複数の男性と同時進行する

婚活は「消去法」で男性選びをしていくことが、成功の早道です。まずは、お見合いを申込まれた中から「3人」を選び、なるべく間隔を開けないで同時期に会うようにします。

そして断る男性を1人選び、残った2人とデートを重ねて行きます。

2人と同時に進行しても、もし結婚相談所に登録して婚活しているのならば、それはルールにきちんと従って交際してるのですから、けっして不道徳な行為ではなく、ましてや浮気をしているわけではありません。

もちろん交際が進展して「彼氏・彼女の関係」になれば一人の男性に絞らなければなりません。

それまでは、間違っても一人の男性だけに向き合わないようにしましょう。

一人の男性だけに向き合ってしまうと、たとえば「LINEが来ない」「メールの返信が遅い」など、男性の行動に一喜一憂して振り回されてしまいます。

そして、その不安定な心理状態がますます「焦り」や「余裕のなさ」を生み、そこから自信を失って「ネガティブ思考」になってしまうことが少なくないのです。

「顔は心を映す鏡」。自信を失った暗い気持ちでは、当然「お相手を惹き付ける笑顔」にはなれませんよね。

不思議なことに、男性は追いかけると逃げてしまいます。ですから、なるべく自分が追いかけるよりも「男性から追いかけられる環境」を作りましょう。

2人同時に進行することで、あなた自身にも余裕が生まれます。そして、その余裕こそが「お相手を引き付ける最大の魅力」になるのです。

 

3-3.カウンセラーになんでも相談する

婚活中は頻繁に、友人(結婚している)または結婚相談所で活動しているならば担当カウンセラーに相談をしましょう。経験豊富で冷静な目を持った第三者の意見を聞くことによって、正確に判断する材料にできます。

実際に会員さんでも、有頂天になってしまって目の前のことがよく見えなくなることがあります。見えなくなると、最悪の場合ダメンズを掴んでしまうことになりかねません。

一時の感情だけで決めてしまい、後で後悔しないようにしたいですね。

 

4.まとめ 婚活が目的じゃない!「結婚」のための婚活

結婚すると何十年も人生を共にするのだから、慎重になるのは当然です。とはいえ、いつまでも「ないものねだり」をして結論を先伸ばしにしているだけでは、けっして「幸せ」は掴めません。

婚活が長くなってくると、いつの間にか目的を見失い、本来は「結婚のための婚活」であるはずなのに、いつしか婚活自体が目的になってしまいがちです。

実際、お見合いやパーティーで予定をビッシリ埋め、忙しく婚活に飛び回っているものの、いざ交際になると積極的にお相手に向き合わず、毎回自らご縁を逃がしてしまう女性が少なくないのです。

自分の中でストライクゾーンを気まぐれで動かしていては、ご縁を掴むことは出来ません。「人生のパートナーとして何が必要なのか」を常に自問自答しながら、日頃からしっかりと考えておくのが大切です。

大丈夫、あなたならきっと出来ます!

 

この記事を書いた結婚相談所

愛ビリーブ

愛知県名古屋市中川区宮脇町1-38-3F
tel.052-770-9552
絶対に結婚したい方の最強応援団・愛ビリーブ
夫婦二人三脚で親身なお世話をさせていただく、安心で誠実な結婚相談所です。経験豊富な結婚アドバイザー&心理カウンセラーが、あなたのお気持ちに寄り添い、最良の「婚活」をお手伝いします。