「やりたい」という気持ちの方が強くて、思い切って始めることにしました。

ブランエール 長安様

開業キーワード:おせっかい好き、昔らの夢、仲間がいる

「やりたい」という思いで結婚相談所を始めた長安さん。でも、開業当初は集客に悩む日々だったそうです。開業3年で会員数を40名にした秘訣を話してくれました。

結婚相談所を始めようとしたきっかけ

私自身、お世話好きだったこともあり、よく周りの人から恋愛の相談をされていました。私のアドバイスがきっかけで、上手く行ってくれると嬉しかったです。

世の中には結婚したいという気持ちがありながら、出会いがなかったり方法がわからなかったりで動けない人がたくさんいて、そんな人達のお手伝いが少しでもできるなら、そんなにやりがいのある仕事はないと思い始めました。

それもあって以前から、結婚相談所をやってみたいという気持ちがありました。

仕事が落ち着いたのをきっかけに、思い切って始めようと思います。

結婚相談所を始める前は、自分一人で相談所を運営(会社経営)していけるのか漠然とした不安がありました。

でも、「やりたい」という気持ちの方が強くて、思い切って始めることにしました。

 

開業後はどのように集客を行っていたのですか?

Webサイトや合コン、婚活パーティーです。開業当初はなかなか合コンに集められなくて、開催すらできませんでした。正直、合コンに誘える人はいたけど、誘う勇気がなくて。

やり方も分からないし、合コンの運営・仕切り(司会)が、私にできるのか自信がありませんでした。

また、色んな人に言うと怪しまれるんじゃないかと、自分自身にブロックを張っていました。

でも、やらなければ集客が進まないと思い、昔の友人も含めて、色んな人に声を掛けました。1年後には4対4ぐらいは簡単に集めれるようになりました。

合コンって、広告費を掛けずに見込みのお客を集められるし、意外にいい収益になるんですよ。

 

御社のこだわりや特徴をお聞かせください

会員さんの常に近くにいて、なんでも話せるお姉さんのような存在でありたいと思っています。
また元服飾販売員として、お見合いやデートの服装のアドバイスも行っています。

システムの取り組みだけではなく、ブラエールつながりで仲人推薦もしています。
出会いのチャンスが広がれば、それだけ会員さんも成婚のチャンスが広がるのではないかと思っています。

一人で婚活するのは大変だと思いますので、会員さん向けのお茶会や食事会も開催しています。

お茶会には成婚者も参加するので、会員さんにとって刺激になったりするそうです。

 

良縁会に加盟した理由やよかったこと

相談所同士の仲間意識が強く、先輩相談所さんが集客ノウハウを教えてくれたり、情報交換も頻繁にできます。

いろいろな地域の相談所さんと話すことができるので、私も刺激をもらって「頑張らなきゃ」と思います。

良縁会に個別サポートをお願いしているのですが、経営・集客に関することだけじゃなくて会員さんへのサポート方法など、なんでも相談に乗ってくれるので、とても助かっています。

 

これからの目標はありますか?

最近、事務所を開設したのですが、今は車でしか来れない場所にあります。次は会員さんが気軽に立ち寄れるように、駅前に事務所を開設したいと思っているところです。

現在、会員数が40名近くいますが、100名の会員さんをお世話したいと思っています。

そうなると、私一人では相談所運営が大変になって来ます。

会員さんへのサポートのクオリティは落としたくないので、どのスタッフがポートしても同じサービスが提供できるように、会社としての仕組み化も考えていかなればいけないと思いっています。

 

今だから笑える話

合コンを始めた最初のころ、私が場を盛り上げないと思うあまり、2時間ずっと私だけがしゃべっていたことがありました。
あの時は喋りすぎて、終わった後、疲れて魂が抜けたようになりました。

2021.5取材相談所:ブランエール
インタビュー:良縁会事務局